読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノリコ=ポーロの西方見聞録

勉強できない、英語しゃべれない、でも広い世界へ飛び出したい!との思いから、添乗員となり世界中アチコチ飛び回り、様々な人たちとの出会いや交流、旅のドタバタ劇などをご紹介していきます。このブログは、星野管工(株)発行のホシカン通信に掲載しているコラムのバックナンバーです。

ラゲッジ勝負のTGV

十日間に渡る研修旅行もいよいよ終わりに近づいて来ました。 私たちは、スイスのローザンヌからジュネーブに移動し、ジュネーブ市内散策を終えて、最終目的地であるフランスのパリへと向かいました。 ジュネーブ~パリ間は、ヨーロッパの新幹線とも言われて…

チーズフォンデュの思い出

翌日は、ルツェルンからスイスの首都であるベルンを経由し、レマン湖畔に突き出たモントルー近郊にあるシヨン城を見学してから船で2時間かけてクルージングを楽しみローザンヌに宿泊するという行程でした。 今回の研修旅行では、スイスの移動はほとんどが長…

悲しいスイスの歴史

Felice anno nuovo! 「明けましておめでとう!」(イタリア語) 今年も宜しくお願いします。 さて、我々見習い添乗員一行はリヒテンシュタインからスイス中部にある街・ルツェルンに到着しました。 ルツェルンは人口8万人弱の静かな街で、周囲をピラトゥス山…

小さな国 リヒテンシュタイン

十日間に及ぶ私たちの研修旅行も行程の半分まで来ました。 ドイツを後にして、次の目的地スイス~パリへと向かいます。 スイスまではずっと長距離バスでの移動。ゆっくり休めるかというとそうはならず、車内では私達がマイクを握り、バスガイドさんのお仕事…

ノイシュバインシュタイン城をより楽しむ方法

次の目的地は、ロマンチック街道のハイライトであるノイシュバインシュタイン城。 日本語に訳すと「新白鳥城」となるこのお城はミュンヘンを中心とするドイツ南部のバイエルン地方を治めていた、ルードヴィッヒ2世によって建てられた山上にある白い綺麗なお…

生ぬるっこい本場のビール

研修三日目は、ロマンチック街道を更に南下してディンケルスビュール、ネルトリンゲン、アウグスブルグ等の小さな街を車窓から眺めて、 ドイツ南部バイエルン地方の中心都市であるミュンヘンで昼食をとりました。 ドイツ南部のミュンヘンはベルリン、ハンブ…

海外添乗研修二日目

二日目は、フランクフルト~ハイデルベルグ~ローテンブルグと中世の町並み、お城の跡地等の案内研修。 パンフレットに記載されている観光箇所、休憩、食事場所、時間等をドイツ人のバス運転手さんと出発前に打ち合わせをしてからの出発になります。 ホテル…

ようやく海外研修がスタート

国内旅行の仕事であちらこちらに行く機会が増えてバスツアーに慣れてくると、次に新幹線の旅、更には飛行機のツアー、と距離も遠くなり、宿泊日数の長い仕事が増えて来ました。 東京湾からフェリーで高知県に着いて四国周遊したり、夜行バスで鳥取砂丘まで走…

ツアコンの登竜門 立山黒部アルペンルート

新人ツアコン時代のツアーの中でも一番思い出深いコースは「立山・黒部アルペンルート」です。通常のバスツアーは、バスガイドさんが同乗しているので、車内案内等は丸ごとお任せ。私達添乗員が案内するのは行程、日程の案内だけなのですが、バスを降りてか…

ますの寿司

私の所属した派遣会社は、色々な旅行会社のツアーを委託していたので、まず新人の私達はKツーリストの「日帰りびっくりバスツアー」でのデビューとなりました。 研修を終えたとは言え、いきなり一人での初仕事。旅行の日程表、名簿、お客様への案内マニュア…

ツアコンへの道2

新人ツアコンとして派遣会社に登録した私は、ツアコン研修を受ける為に東京に毎日通うことになりました。 ツアコンとして働くには、(社)日本添乗サービス協会(TCSA)などが認定する「旅程管理主任者」になる必要があります。 TCSAなどが主催する基礎研修…

ツアコンへの道1

一年間のイギリス遊学を終えて故郷桐生に戻ってきた私は、海外添乗員になって世界中を飛び回るという自分の夢に向かっていくことを決意したものの、どうしたら添乗員(以下ツアコン)になれるのかもわからずにいました。 当時は、まだネットも携帯電話も無い…

イギリス遊学 総括

20歳で短大を卒業し、英語の成績もいまいちだった私ですが、このイギリス滞在中に得た経験はどんな宝物にも代えがたい貴重なものになりました。 不安で寂しい時もありましたが、私の事を誰も知らない土地に行き、少しずつ知り合い、友人が出来て行き、英語も…

コンチネンタルブレックファースト

スペインのマラガでの新年を満喫した後、旅の最後にマドリッドに住むお友達のフリアを訪ねるために、列車で首都マドリッドに向かいました。 フリアは当時28歳の小柄でとっても明るくて楽しい女性でした。イギリスのパブでは一人でフラメンコを踊りだすような…

マラガの大晦日

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 さて、クリスマスをバルセロナで過ごした後、私はよっちゃんと別れて、一人でスペイン南部アンダルシア地方のマラガに向いました。 イギリスの語学学校で知り合ったアナという…

クリスマス in スペイン

語学学校の三か月コースが一旦終了する十二月。再び寂しい別れの時期を迎えました。 クリスマス前に学校のお別れパーティーで、仲間たちとの最後の夜を過ごし、ヨーロッパの友人たちはみんな自分の家に帰って行きました。私は日本人の友人のよっちゃんと一緒…

ハロウィンの歴史を少しばかり

十月三十一日のハロウィン。 日本でもだいぶ浸透して、あちこちでイベントが行われるようになってきました。 そこで、ハロウィンについてお話したいと思います。 ハロウィン、あるいはハロウィーン(英: Halloween または Hallowe'en)は、毎年十月末日に行…

パブの話

勉強の話は余り覚えていないのですが、それなりに語学に励み、学校から帰宅後に宿題を済ませ、翌日の準備をしたり友達と買い物に行ったり、中でも一番楽しかったのは、夕食後に行きつけのパブに行き、学校の友達とみんなで楽しい時間を過ごすことでした。 9…

料理はやっぱり・・・

皆さんはイギリス料理と聞いて何が思い浮かびますか? ローストビーフ、サンドイッチ、フィッシュ&チップス、アフタヌーンティーで有名なスコーンetc・・・。 誤解を恐れず言いますが、どれもあまりお口に合わないというか、味気ないというか。ローストビー…

ロンドン♪ロンドン♪ PART2

ロンドン観光とミュージカル観劇に繰り出した私達。 数々の有名な作品、オペラ座の怪人、キャッツ、レ・ミゼラブル、マンマ・ミーア、その他多くの作品の中から、友人がミュージカル初心者の私の為に楽しめるような作品を選んでくれたのです。 その作品は「R…

ロンドン♪ロンドン♪

イーストボーンでの生活にもすぐに馴染み、クラスメートともすぐに仲良くなりました。 せっかくだからロンドンにミュージカルでも見に行こう! ということで、日本人五人とスイス人の一人の総勢六人で一泊二日の週末旅行を計画。 イーストボーンからロンドン…

留学後半戦

一年間の英国遊学を終えて帰国した私はツアーコンダクターとなり、旅に係る仕事に就きました。 その後仕事で様々な国へ行き、多くの人々に出会いましたが今でも「初めての自由旅行」で訪れた様々な街や人々との出会いや出来事は、私の心に大事な宝物として残…

まさかの!本場パエリア

翌日、最終目的地であるグラナダ目指してイベリア半島を列車で南下。 途中のバレンシアという地中海沿いの街にも立ち寄りながら旅を続けました。 バレンシアはスペイン料理を代表するパエリア発祥の地。せっかくだから是非本場の元祖のパエリアを食したい!…

オレオレ スペイン

不思議なサルバドール=ダリ美術品の空間を鑑賞した後、地中海沿いにスペインを南下して一路バルセロナへ。 バルセロナは、スペイン北東部に位置するカタルーニャの州都で、バルセロナ県の県都でもあり首都マドリードに次ぐ第二の都市。 サッカー選手、アルゼ…

南フランスの思い出・・・

ローマから寝台特急に乗り込み、イタリア半島を北上してフランス南部にある小さな街モンペリエを目指して出発して行きました。 寝心地の余り良くない寝台ですが、そろそろ旅の疲れも出てきた私達は、翌日の朝から活動する為にも、眠りにつきました。 南フラ…

バチカン市国、おすすめの場所

スペイン階段から、今度は地下鉄に乗り、目指すはキリスト教カトリック教会の総本山。バチカン市国の中にあるサンピエトロ大聖堂です。 バチカン市国はイタリア共和国の中、ローマ市内にある世界最小の国です。もちろん、イタリア語、通貨もイタリアリラが使…

ホントに写真はよく見える 〜トレビの泉〜

コロッセオから地図を片手にフォーロ=ロマーノ遺跡(Foro Romano:ここは、ローマ帝国時代の政治の中心地であった場所)を横目にみながら、トレヴィの泉を目指して歩いて行きました。 ローマはイタリアの首都だけあり、車の交通量も多いのですが、運転も荒…

永遠の都 ローマ

翌朝、スリ、ひったくりでも世界的に有名な永遠の都ローマの街を観光するため、リュックサックに小さく折りたたんだ市街地図を入れ、パスポート、現金、カード類が入ったキャッシュベルト(腹巻き)を装着し、メトロ(地下鉄)バスの共通一日券を片手に巻き…

知らないって、もったいない

翌朝、せっかくフィレンツェに来たのだから街中を散策してからローマに向かおう! というわけで地図を片手にサンタマリア=ノヴェッラ駅近くのホテルを出発して、街の中心部、大聖堂(ドゥオモ)とヴェッキオ宮殿、シニョーリア広場、アルノ川にかかるヴェキ…

世界史資料集表紙のピサ!

スイスからの寝台列車でミラノに到着。ヨーロッパ大陸のイタリア玄関口なので、映画に出てくるような、とても大きくステキな駅でした。 ファッションの街ミラノ。高級ブティックが立ち並び、お洒落なミラネーゼ達が女性雑誌に登場する街として世界的にも有名…

ヨーロッパの寝台列車 Vol.8

スイスの大自然を満喫した次の目的地は、南下してすぐの隣国イタリアです。 イタリアと言っても当時は現在ほど人気のある旅行スポットではなく、ヨーロッパ旅行といえば、ロンドン、パリ、ローマ等の大都市巡りが主流でした。 私達もイタリアの行き先を考え…

スイス人ってうらやましい

翌朝、親切なスイスのご家族、陽気なブラジルの皆さんとお別れして、元気に旅立ちました。 ところで、皆さんはスイスではどんな言葉が話されているかご存知でしょうか? スイス語?ってないですよね・・・。 なんとスイスには母国語は無く、ドイツ語、フラン…

まさかのブラジリアンナイト

パリからスタートした初めてのヨーロッパ鉄道女二人旅。旅の期間は、約三週間。話を進める前にプランをここでざっとお話します。 行き先は、二人の行きたい場所+語学学校で知り合ったお友達の家に無料で泊めてもらう、というかなり図々しくも強引な基準で、…

語学学校のクラスメイトは次々と入れ替わり、出会いと別れを繰り返す三ヶ月。気がつけばもう七月、学校の中でも古株生徒となり、夏休みも間近となっていました。 イギリスに来た第一の目的は語学の習得。しかしヨーロッパのいろいろな国々を回り見聞を広げる…

語学学校スタート! vol.6

さて、話を語学学校の生活に戻していきます。 学校初日、簡単なテストを受けて、クラスが決まりました。同期入学の日本人は私と同じ年頃の女の子、30歳くらいの男の人の三人だったのですが、クラスはみんな違うクラスでした。 私のクラスは十人位でスイス…

ヘイスティングスの歴史 Vol.5

゜゜。。イタリア語ワンコインレッスンのご案内。。+゜゜ 楽しくおしゃべりをするイタリア語レッスンを行っています。 お気軽にお越し下さい♪ 日 時 毎週金曜日 11:00 〜 14:00 レッスン料 500円/1時間 場 所 香り屋尚香堂1F 住所 桐生市新宿一丁目2−…

ヘイスティングス散歩 vol・4

゜゜。。イタリア語ワンコインレッスンのご案内。。+゜゜ 楽しくおしゃべりをするイタリア語レッスンを行っています。 お気軽にお越し下さい♪ 日 時 毎週金曜日 11:00 〜 14:00 レッスン料 500円/1時間 場 所 香り屋尚香堂1F 住所 桐生市新宿一丁目2−…

イギリス到着! Vol.3

+゜゜。。イタリア語ワンコインレッスンのご案内。。+゜゜ 楽しくおしゃべりをするイタリア語レッスンを行っています。 お気軽にお越し下さい♪ 日 時 毎週金曜日 11:00 〜 14:00 レッスン料 500円/1時間 場 所 香り屋尚香堂1F 住所 桐生市新宿一丁目2…

旅立ちは春! Vol.2

+゜゜。。イタリア語ワンコインレッスンのご案内。。+゜゜ 楽しくおしゃべりをするイタリア語レッスンを行っています。 お気軽にお越し下さい♪ 日 時 毎週金曜日 11:00 〜 14:00 レッスン料 500円/1時間 場 所 香り屋尚香堂1F 住所 桐生市新宿一丁目2…

はじめに Vol.1

皆さんはじめまして!ノリコ=ポーロこと大沢のり子と申します。 星野管工の旅系コラムを担当させていただくことになります。 どうぞ宜しくお願いします。 初回はまず自己紹介から始めさせていただきます。 私は星野管工の現会長の三人姉妹の長女として育ちま…