読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノリコ=ポーロの西方見聞録

勉強できない、英語しゃべれない、でも広い世界へ飛び出したい!との思いから、添乗員となり世界中アチコチ飛び回り、様々な人たちとの出会いや交流、旅のドタバタ劇などをご紹介していきます。このブログは、星野管工(株)発行のホシカン通信に掲載しているコラムのバックナンバーです。

南フランスの思い出・・・

 ローマから寝台特急に乗り込み、
イタリア半島を北上してフランス南部にある小さな街
モンペリエを目指して出発して行きました。

 

 寝心地の余り良くない寝台ですが、
そろそろ旅の疲れも出てきた私達は、
翌日の朝から活動する為にも、眠りにつきました。

 

 南フランスと言えば、プロヴァンス地方、
モナコ公国、ニース、マルセイユと海岸沿いに
華やかなリゾート地が続きますが、

語学学校で知り合ったフランス人の女の子が、
モンペリエという街の出身だという事で、
突撃お宅訪問のヨネスケのように半ば無理やりに訪問し、
図々しくもお泊りさせて貰うことにしました。

 

 ただ、どのような街だったのか余り覚えていなくて・・・。

 

  お友達の名前すら忘れてしまいました。
ありがとう!マリールイーズ(仮称)としておきましょう!

 

 当時の私の知識は、
モナコ公国がF1モナコグランプリの開催地である
という事ぐらいしかなかったので、
車窓からの海辺の景色を眺めながら、
「いつかはこんな素敵な高級リゾート地にきてみたいな~!」
と憧れを抱きつつ、車窓の景色を楽しんでいたのでした。

 

 そして、翌日はいよいよスペインを目指して、
モンペリエを出発したのです。

 

 私達がまず向かったのは
かの有名なサルバドール=ダリの美術館がある
スペイン東部カタルーニャ地方のフィゲラスという街でした。

 

 何故この街に立ち寄ったかも定かではありませんが
目的地のバルセロナへの途上にあったので、
せっかくだから寄り道してみよう!
となったのだと思います。

 

 芸術に無頓着な私なので、
すごいなーくらいしか覚えていないのですが、
最近知ったこととして、
スペインの棒付きキャンディーの
チュッパチャプス のデザインロゴの原型を製作したのは、
ダリだったそうです。

 

パッケージデザイナーとしても
すぐれた手腕をダリは発揮したのですね、

なんとも驚きでした。