読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノリコ=ポーロの西方見聞録

勉強できない、英語しゃべれない、でも広い世界へ飛び出したい!との思いから、添乗員となり世界中アチコチ飛び回り、様々な人たちとの出会いや交流、旅のドタバタ劇などをご紹介していきます。このブログは、星野管工(株)発行のホシカン通信に掲載しているコラムのバックナンバーです。

パブの話

勉強の話は余り覚えていないのですが、
それなりに語学に励み、
学校から帰宅後に宿題を済ませ、
翌日の準備をしたり友達と買い物に行ったり、
中でも一番楽しかったのは、
夕食後に行きつけのパブに行き、
学校の友達とみんなで楽しい時間を過ごすことでした。

 

9月から通い始めたイーストボーンの語学学校には、
スペイン人の学生たちが沢山来ていたので、
スペイン人十人位の中に混じってよく一緒に出掛けました。

 

スペインの仲間達は、
お酒が進んで来ると、
手拍子とみんなの歌に合わせてフラメンコを踊りだして
本当に陽気な友達ばかりでした。

 

私は短大を卒業したてで、
そんなにお酒の種類を知らなかったのですが、
仲間達にパブで色んな種類のお酒を教えて貰いました。

 

きっと、
現在の私のお酒好きの礎はこのイギリス遊学時代に培われたものでしょう!

 

ここで少々パブのお話をしたいと思います。

 

イギリスと言えば、
ポストの数より多いのがパブの数と言われています。

 

お酒を出すだけと思われがちすが、
昼間は美味しいランチを出す店も多く、
お茶を飲んだり、
カフェとして利用したりもしていました。

 

パブは一見すると入口が薄暗くて、
ちょっと敷居が高い雰囲気もありますが、
そこをがんばってクリアしたらカウンターで立ち飲みしている人達や、
テーブル席で寛いでいる人達がいますので、
カウンターに行ってレジがある所で、
注文してお金を払うとビールが出てきます。

 

日本のセルフサービス形式と一緒な感じです。

 

ビールは、
1パイント(1pint =568ml)がビールのロング缶位で、
1/2パイント(ハーフパイント280ml)が缶ビールより少なめとグラスのサイズです。

 

「1pint of Guiness,please」 「ギネスビールを一杯ください」

とレジで注文すればOK。

 

イギリスはギネスという黒ビールが有名ですが、
その他にもいろんな種類の地ビールが揃っていますので、
是非パブに入って見て下さいね!

広告を非表示にする