読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノリコ=ポーロの西方見聞録

勉強できない、英語しゃべれない、でも広い世界へ飛び出したい!との思いから、添乗員となり世界中アチコチ飛び回り、様々な人たちとの出会いや交流、旅のドタバタ劇などをご紹介していきます。このブログは、星野管工(株)発行のホシカン通信に掲載しているコラムのバックナンバーです。

小さな国 リヒテンシュタイン

 十日間に及ぶ私たちの研修旅行も行程の半分まで来ました。

 ドイツを後にして、次の目的地スイス~パリへと向かいます。

 スイスまではずっと長距離バスでの移動。ゆっくり休めるかというとそうはならず、車内では私達がマイクを握り、バスガイドさんのお仕事もすることになる過酷な道中なのです。  

 ノイシュバンシュタイン城のあるホーエンシュバンガウの町からスイスのルツェルンに行く途中、世界で6番目に小さい国リヒテンシュタイン公国ファドーツで途中の休憩をしてから行きます。  

 25年前は、まだEU(欧州統合)が統合されておらず、共通通貨が無かった為、国が変わる度に両替の必要がありました。ドイツマルクからスイスフランへの両替の必要もあり、このリヒテンシュタインの両替屋さんが良いレートで交換してくれたので、トイレ休憩をするのに必ず立ち寄ったものです。  

 リヒテンシュタインは、ルパン三世の映画「カリオストロの城」のモデルにもなったお城としても有名ですが、世界一豊かな国としても知られています。  

 更に諸外国の首脳達が南米パナマに巨額の隠し財産を所有していたことが昨今話題になりましたが、このリヒテンシュタイン公国タックスヘイブンとして名高いことが知られています。  

 因みに、25年前は世界最小国5番目だった気がするので、現在の世界最小国を調べてみました。

一位:バチカン市国 イタリア首都ローマ市内(0.44㎢)

二位:モナコ公国 フランス南部 (2.0㎢)

三位:ナウル共和国 太平洋上のサンゴ礁の島(21.0㎢)

四位:ツバル オセアニア南太平洋上エリス諸島の島 (26.0㎢)

五位 サンマリーノ共和国 イタリア南東部(61.0㎢)

六位 リヒテンシュタイン公国 (160.0㎢)  

 最小国家が洋上にあるのはわかる気がしますが、陸上でヨーロッパにだけある、というのがキリスト教の歴史の複雑さと面白さを感じますね。