ノリコ=ポーロの西方見聞録

勉強できない、英語しゃべれない、でも広い世界へ飛び出したい!との思いから、添乗員となり世界中アチコチ飛び回り、様々な人たちとの出会いや交流、旅のドタバタ劇などをご紹介していきます。このブログは、星野管工(株)発行のホシカン通信に掲載しているコラムのバックナンバーです。

苦節一年

 十日間に及ぶ新人研修ツアーも無事に終了し、私達は海外ツアーデビューの日を夢見ながら会社からの仕事の依頼を待つのでした。

 

 早く海外ツアーに行きたくて、わくわくしていましたが、中々自分の思うように上手く海外ツアーの仕事が入るわけもなく、相変わらず、びっくりバスツアーで、海外研修前と全く変わらない仕事ばかりでした。

 

 それというのも、私が最初に所属した派遣会社は様々な旅行会社の下請け的存在で、国内、海外のあらゆるツアーを請け負っていたので、どんなツアー会社の仕事になるか毎回異なる為、同期研修仲間の間でも差が出てしまうのでした。

 

 私より年上のOL経験のある友人は、「Jパックのシンガポール4日間」のツアーに添乗して、お客様、旅行会社の担当者から良い評価を受けたため、ほぼ専属のように毎月、海外の仕事が入っているとの話。次々と仲間が海外デビューして行くのを横目に、私はどんどん気落ちしていきました。

 

 「一日も早く海外デビューしてヨーロッパに行きたいね~。がんばろ~!」と同じ年の同期と話していましたが、年齢も一番若く、社会経験が無かったせいか私たちはいつまでたっても国内ツアーしかアサインされず、一年が過ぎました。

 

 ある日、かつてのイギリス遊学時代の友人から連絡があり、彼女は私にツアコンの仕事内容に関して帰国前に相談してきたのですが、なんといつの間にかN本旅行専属の派遣会社に所属して、毎月忙しく海外ツアーに行っているとの話をしました。

 

 「え?なんで?私より一年も後に帰国して私に相談していたのに、私より早く夢を叶えているなんて!どうして!ずるい!羨ましい!チックショー!」と発憤。即、同期に連絡し、いつまでたっても拉致のあかない現在の会社を辞め、早速友人がいるJ派遣会社に採用連絡をし移籍することにしました。

 

 私達は、面接、採用試験に合格してN本旅行の専属添乗員としてめでたく新たな一歩を踏み出し始めたのです。のりこ23歳の春でした。

広告を非表示にする